ニュースリリース

News Releases

「かるたの街文京」を発信!
~名人とクイーンによる「ドリームマッチ」や「対談」のライブ配信実施~

2022.5.19
    文京区(区長:成澤 廣修)、一般社団法人全日本かるた協会(会長:松川 英夫、以下「全日本かるた協会」)、株式会社NTTe-Sports(代表取締役社長:原田 元晴、以下「NTTe-Sports」)、東日本電信電話株式会社 東京事業部 東京東支店(支店長:小野 義臣、以下「NTT東日本」)は、“競技かるた発祥の地※1”文京区から、小倉百人一首と競技かるたの魅力を、老若男女問わず幅広く発信する取り組みを実施します。

1.本取り組みの背景・目的

文京区は競技かるた発祥の地であり、全日本かるた協会が本部を置くとともに、全国的な強豪かるた会が区内で活動を展開しています。 また、区内で数多くの全国大会が開催されるなど、競技かるたの重要な活動拠点となっています。このように魅力ある文化資源を持つ「かるたの街文京」を、 より多くの方々に知って頂くため、文京区ではさまざまな事業に取り組んでいます。

一方、NTT東日本は、地域に密着したICT企業として、様々な自治体・企業と連携して地域課題の解決を図るとともに、 街の賑わいづくりとして、デジタル化を通じた地域の価値ある文化や芸術の発信にも取り組んでいます。

そうした中で文京区、全日本かるた協会、NTTe-Sports、NTT東日本の4者が協働し、「かるたの街」としての文京区の認知度向上や、幅広い年齢層に向けた競技かるたの魅力発信について検討を重ねて参りました。

2.本取り組みの概要

「かるたの街文京」を広く発信するため、2022年5月22日(日)に、文京シビックセンタースカイホールにて「名人vsクイーンドリームマッチ※2」を開催します。当日は元クイーンによる実況・解説を交えてライブ配信する他、対戦後に行う名人とクイーンによる対談の様子もリアルタイムでお届けします。

ライブ配信では、NTT東日本グループが持つeスポーツ事業における映像配信ノウハウなどICT技術を活用し、白熱の試合模様をお伝えします。また、ルールの解説や取り札の枚数表示などによって、競技かるたの魅力がより多くの方に伝わる工夫を施しています。

なお、ライブ配信を視聴できなかった方にもご覧いただけるよう、アーカイブ配信も実施する予定です。

※1 競技かるたとは:小倉百人一首のかるたの札を用いた知的スポーツ。読み札に対応する取り札を、2人の競技者が相手より早く取ることを競う。
競技かるた発祥の地の由縁:明治時代、当時の東京大学(文京区本郷)の学生たちが初めて作った「緑倶楽部」と「弥生倶楽部」という2つの「かるた競技の会」が、現在の競技かるたやかるた会に繋がる起源と言われている。

※2「小倉百人一首競技かるた 名人vsクイーンドリームマッチ」
競技かるたの男性選手トップである名人と、女性選手トップであるクイーンによるエキシビジョンマッチ。
https://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/gejutsu/bunka/karuta.html

3.開催概要

・日時:2022年5月22日(日曜日)午後2時~午後4時(予定)
・会場:スカイホール(文京シビックセンター26階)
・出演:第68期名人位・川瀬将義 六段・第66期クイーン位・山添百合 八段
・ライブ配信視聴用URL:
 (ライブ配信終了後、アーカイブ配信視聴用URLとなります)
  YouTube:https://youtu.be/KsJXNCLaq0cv
  eXeLAB :https://exelab.jp/?vid=7857

4.主な役割

  1. 文京区

    イベント企画、会場提供、観覧者募集、公式SNSによる情報発信 等

  2. 全日本かるた協会

    イベント運営(実況、解説、出演者調整) 等

  3. NTTe-sports

    撮影およびライブ配信、公式SNSによる情報発信 等

  4. NTT東日本

    ICT環境構築、ライブ配信支援、公式SNSによる情報発信 等

TOPへ戻る